八ヶ岳 アイスクライミング

年末年始の温かいジョシュアツリーから戻って次の三連休八ヶ岳へアイスクライミングに行ったきた。2年まえ初めてそこのアイスを楽しんだから、今回もすごくいい経験だった。特に歩き嫌いな僕は車で八ヶ岳山荘まで行けて、長い入山が要らなくて、とても嬉しかった。

The crux of the gully, one long pitch with two step (vertical) steps on pinnacles

金沢からの出発早くて、昼くらい赤岳山荘に着いて、すぐ南沢大滝へ向く。そっち着いたとたん、少し驚いた。他の登山者がただ2パーティ?!珍しい!普通の赤岳登山道がいっぱいな登山者は赤岳へ行っているのに、アイスクラインバーが少ない。もう少し遅くなってから、早速準備して、僕はレードでトップロープの準備する。今年の最初のアイスなので、動きがまだ硬くて、下手なクライミングだった。

Yatsugadake Minamizawa Otaki - 八ヶ岳南沢大滝

真澄さんも登って、上からの景色を撮ってくれた。

View from the top of the waterfall

その後2・3回トップロープに登って練習してから、山荘へ帰った。そこの温度計を見って、「やっぱり寒いぞ!」と思った。石川県のいつも温かい温度に慣れた指と足の指が結構凍っていた。

Temperatures I would like to see in Ishikawa at times

次の日、南沢大滝で知り合ったガイドと山荘で知り会ったガイドにすすめられた峰ノ松目沢へ!静かて、長くて、小さい段が何数もあって、最後にチェレンジの段の沢のはずだから、楽しみにしていた。1月も入っていたから、雪が深くて、ラッセルするしょうがない。いい天気で、太陽にも照られて、赤岳への景色も素晴らしかった。

Again a long stretch of deep snow for the final challenge

やはり言われたとおり、次々に段が現れている。一つの段を短くて、あまり難しくないから、ロープなくて、フリーに登っている。暖かい天候でアイスが少し柔らかいから、アイスアクスが簡単に入って安全な感じだった。

One of the easy falls on the way, most of them I climbed without rope

やっと核心部に着いた。他のパーティが右巻いて、右の方大変難しそうな状況に入ったから、僕はこの核心部を直接に登ろうと思った。段が2つ、両方が垂直なので、結構緊張していた。これは核心部の第一段。

The first of the two steps of the crux

第一段より第二段が厳しかった。シャンデリアにアイセンがあまり入れなくて、細いのはもうよく割れたから、実は2回落ちた!初めてアイスクライミングの転落だった。最初のは最初のスクルーの方から、あまり高くなかったけど、二回目は上のスクルーの少し上だったから、結構下まで落ちた。でも、怪我も傷もなかったから、そのまま続けた。

The upper part, most difficult part.

核心部を抜けたから、稜線まで行きたかったけど、胸までの深い新雪ばかりだったから、諦めて、沢を下った。水野ガイドさんにラッペルのスリングが用意されたから、下山がとても楽で早かった。ありがとうございます。山荘に戻って、ビールとおつまみを楽しんでから、晩御飯の時間だった。最初の晩も、今日も、晩御飯は素晴らしかった。いっぱい美味しい食べ物を出してくれたから、本当にご馳走だった。

Well earned dinner after a long climbing day

一緒に食べたグループのガイド水野さんと色な面白い話して、ヨーロッパの山の思い出も、日本の山も、とても楽しい晩を過ごした。両方沢山飲んだし、両方の心が子供みたいし、いつか下記の状態になった。身長の話だったけど、突然僕は「卒業式の親子」と述べた途端、皆を笑わせた。

Graduation ceremony with my "son", a pro-guide - we had lots of fun in the hut

この山荘のみなさま、過ごした時間とお世話をありがとうございました。今度又そこに泊まりたい!

Masumi with the team of the hut

素敵な3連休だった。真澄さん、いつも連れてくれてありがとうございます。

他の写真を「Iceclimbing Yatsugadake January 2014」の写真ギャラリーを見てください。

ツアーのKMLは「2014.01.11-13.Yatsugadake.kml」からダウンロードして、下の地図にも見える。

Email this to someonePrint this pageShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInFlattr the author

Leave a comment

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>